スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険の正しい知識

医療保険(いりょうほけん)は、病気になったり、ケガをした時に、入院あるいは通院すると、保険金が下りる保険です。 でも、医療保険(いりょうほけん)に入っているからといって、病院に払った、すべての費用を保険会社に負担してもらえるわけではありません。 医療保険(いりょうほけん)は、自分で補償内容を選ぶ保険ですので、医療保険(いりょうほけん)に加入した際に、入院時に支払われる保険金を選択するのです。


入院1日につき1万円出る医療保険(いりょうほけん)は、とても魅力的ですが、高い医療費を払った場合、申請すれば、一定の基準を超えた分は戻ってくる、高額療養費制度もありますので、無理に医療保険(いりょうほけん)の補償を高くしなくても大丈夫です。 高額療養費制度を使えば、入院1日につき5000円出る医療保険(いりょうほけん)で、入院費はまかなえると思うので、医療保険(いりょうほけん)に払う金額を抑えたい人は、このタイプの医療保険(いりょうほけん)を検討してみて下さい。 医療保険(いりょうほけん)料が、少し高くなってしまっても、手術の時に、保険金が下りるタイプの医療保険(いりょうほけん)に入っておくと、安心感が増すと思います。

自分の医療保険(いりょうほけん)に入らなくても、夫の生命保険に付いている医療特約で大丈夫、と思っている主婦は多いと思います。 しかし、自分用の医療保険(いりょうほけん)に入らず、夫の生命保険の医療特約で満足していると、夫が死んだ後、医療保険(いりょうほけん)に入っていない状況に陥るので、困ったことになります。 年齢を重ねれば重ねるほど、医療保険(いりょうほけん)に入るための審査は厳しくなり、医療保険(いりょうほけん)料もアップしますので、主婦も、早いうちに医療保険(いりょうほけん)に入るべきです。
スポンサーサイト

«医療保険。まず比較して | トップへ戻る |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。